大規模修繕選びの注意点と分類

最近、建築後年数がたち、老朽化した建物でも、安心して住めるようにしたいと思う方のほとんどが大規模修繕に興味を持っています。

大規模修繕を選ぶ時は、いくつか確認したいポイントがあります。
例えば建物の値段が上がる事です。
こちらは評判が高くなり人気もでる為ですね。
この他にも入居者が増加するため、景観がきれいになることも再確認するべき要点でしょう。

また、大規模修繕はこのような種類に分類する事ができます。

躯体補修
おおよそ10年~15年の周期で実施する、ひびわれ部分、コンクリート欠損部分などの補修工事です。
屋上防水・床防水
屋上の改善周期は12年~15年で、熱アルファルト工法、ゴムアスファルトなどのシート防水を使い、ベランダ・解放廊下の改善周期は10年~15年でウレタン塗膜防水や長尺塩ビシートを使用した補修工事です。
給水管設備の更新など
給排水設備の取り換え、システム変更などの工事です。
外壁修繕(タイル、塗装など)
だいたい12年周期で外壁の塗り替え、15年周期でタイルの張替などを行う補修工事です。
エレベーター修繕
エレベータ機能復旧工事です。

大規模修繕、流れの情報ならマンションの大規模修繕に必要なこととは
大規模修繕とメリットは